注意!ハムスターの疑似冬眠

亡くなっているのか?

ハムスターは冬眠する動物ではありません。

気温が低くなると疑似冬眠してしまい、亡くなったと思い込み、火葬・土葬をしてしまうケースがあります。

疑似冬眠しているのかの確認方法と起こし方をご紹介します。

疑似冬眠とは

熊や野生のリスなどは、餌がない冬は餓死状態を乗り越えるため冬眠をしますが、ハムスターは冬眠をする機能がないため疑似冬眠してしまいます。

気温10度以下になると動きが鈍くなり更に、5度以下になると疑似冬眠に入り、亡くなってしまう可能性もあります。

  • 体にかすかに温かみがある。
  • 体に弾力が残っている。
  • 目も口も開いていない。
  • 毛並みが整っている。
  • かすかに胸が上下しているように感じる。

このような状態であれば、疑似冬眠の可能性があります。

蘇生の方法

電気毛布やカイロをタオルで巻いてから、優しくハムスターの体を包んであげましょう。

急速に温めるのではなく、ゆっくりと時間をかけて温めてあげて下さい。

ドライヤーやストーブなどで温めると体に負担がかかり、蘇生ができなくなります。

手で温めてもOKです。

30分ほどで起きることもあります。

目が覚めたら、蜂蜜をぬるま湯や水に溶かし、糖分補給してあげてください。

急激に糖分の高いものを与えると、反応性の低血糖を起こすこともあるので必ずぬるま湯や水に溶かし、スプーンの先などで少しずつ与えてください。

ハムスターの冬の乗り越え方

ハムスターは体が冬眠できるようになっていない為、室温が低すぎると低体温症になり疑似冬眠してしまいます。

また蘇生のタイムリミットは1時間程と言われています。

疑似冬眠をさせないために20~25度を保てる環境づくりをしてあげましょう。

エアコンなどで室温を調整してあげるのも良いですが、ホームセンターやネットでも小動物用のヒーターが販売されていますのでそういったものを使うのも良いですね。

もしも亡くなってしまったら…

ハムスターが亡くなってしまったときの安置方法についてご紹介します。

  • 小さな箱を準備する。
  • 箱の底に新聞を敷く。
  • ガーゼかタオルで保冷剤を巻いて置く。
  • 花やおやつを用意してあげる。

気温が高い夏季などは特に、体の腐敗を遅らせることが大切です。

箱の中に新聞やペットシーツ等を敷き、ハムスターの体をタオルなどで優しく拭いて綺麗にした後、ガーゼやタオルで体を包み、保冷剤をお腹に当てます。

保冷材などで冷やして腐敗を遅らせることはできますが、2~3日以内には火葬や土葬を執り行ってあげましょう。

土葬?火葬?

土葬とは

土葬は、ご遺体を土に納めることを言います。

「自然に還してあげたい」と思われているご家族様に選ばれることが多いです。

お庭があればご自宅に埋葬ができるので、火葬と違って費用が掛かることはありません。

埋葬できるのは飼い主さんの私有地のみになりますのでご注意ください。公園などで埋葬すると法律で罰せられます。

体の小さなハムスターでも土に還るまで何十年もかかりますし、カラスや野生動物に掘り起こされる恐れもありますので穴の中に小石などを敷いてからにしましょう。

小動物の火葬について

小動物でも大切な家族に変わりはありません。人と同じようにお別れをしたい、お骨を残したいなど希望はさまざまだと思われます。

葬儀業者の選び方については過去のブログに記載しておりますのでぜひ参考にしてみてください。

当社ではハムスターのような極小動物と呼ばれるペットの火葬も承ります。

足跡スタンプで思い出を残し、お骨上げもできますので手元供養したい方にはおすすめです。

ご相談やご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

うちの子のお葬式は
大切なペットを後悔なく
感謝の気持ちを込めたセレモニーを行えるように
生前のお見積りやご相談も
お気軽にお問い合わせください。

葬儀プランを見る>>

メールでお問合せ>>

電話でお問合せ>>

0120-65-1194

24時間365日受付

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です